悪質占いサイトや詐欺占い師に注意

先日のLINENEWS(2020年11月27日配信)で知らされましたが、悪質占いサイトの被害トラブルが上昇の傾向にあるようですね。

基本的に占い師は資格の要らない仕事なので、少し占いをかじった程度の方がWEBサイトを立ち上げたり、悪意を持った者が運営しているサイト等も沢山あるというのが正直なところです。

今回の記事では悪徳サイトに警鐘を鳴らすべく、私が感じた特徴について触れてみたいと思いますので宜しければ参考にしてみてください。

一先ず、記事になったNEWSを下記に掲載いたします。

上記がNEWSの全文になります。

記事に書いてあるように無料期間を設けている占いサイトは怪しいです。

無料期間のうちに「宝くじを高額当選させられる運気を持っています」「異性を虜にするオーラを持っています」という夢物語のような話を告げてきたり、「貴方の守護霊が怒ってます」「これから不幸が訪れます」といった脅し文句を使って課金を迫ってきます。

その中には「私は貴方のツインソウルです」と過去世でのご縁を囁いてくる者もいるでしょう。

ただ、いくら注意深く見ていても、こうして騙されている人がいる訳ですから、悪徳サイトだと見分けられない方も多くいらっしゃいます。

そこで悪徳サイトに多く見られる特徴を下記に記載しますので、サイトを利用される一つの判断基準にしていただけますと幸いです。

・初回無料のサイトだったり、無料期間を設けている
・1通1500PT(1500円)の有料サイト
・占い師の顔写真が掲載されてない
・誰にでも当てはまる鑑定文章
・会社の所在地が外国
・特商法の記載がない
・キャリアメールでしかサイト登録ができない
・一日に何度もメールが届く
・変な呪文や合言葉を送るように指示される
・貴方は特別な人間、選ばれた人間だと伝えてくる
・不安を煽ったり、驚かしてくる
・高額な商品を押し売りさせる
・今回だけ特別と言ってくる
・自称陰陽師
・プロフィールに名家の出身と記載してある(例:八十九第●●家当主など)
・プロフィールに見たことも聞いたことも無い、よくわからない資格が沢山書いてある

少しでもトラブルに遭ったと感じられた場合はお近くの消費生活センター等に相談をするようにしましょう。

尚、下記に掲載した消費者ホットラインは、日常のトラブルを相談できる専門機関なので、そちらもご参照ください。

消費者ホットライン
※最寄りの市町村や都道府県の消費生活センター等をご案内する全国共通の3桁の電話番号です。
電話番号:188
受付時間:平日9時~17時、土日祝10時~16時(窓口によって異なる)
休業日:12月29日~1月3日

それと最後になりますが、貴方を騙そうとするのは悪徳サイトだけでは無いかも知れません。

昨今は様々なスキルシェアサイトや占いアプリがあって、誰でも簡単に占い師として登録が行えるものです。

サイトやアプリの運営が健全でも、一部の占い師が悪意を持って接してくる場合だってあるはずです。

ココ●ラ等でも在籍している占い師の全員が善人だとは限りません。

何気なくお願いした人物が、本物の占い師ではない可能性もありますのでご注意ください。

特に「顔写真の掲載が無い占い師」「個人サイトのない占い師」は、一人の人物が何役も演じている“ニセ占い師”ということも考えられますので用心しておくに越したことはないです。

また、占いという文化が悪用されるのは、許し難い行為ですが、悪いのはそれを悪用する人間であって、占いという文化に罪はありません。

正しく健全に利用すれば、人生を豊かにさせられる強力な武器になりますので、注意をしながら活用していきましょう。

執筆:千賀喜心(せんがきしん)